ケアマネの仕事内容

ケアマネとは介護支援専門員とも呼ばれ、介護を必要とする高齢者に対し適切な介護サービスの調整・管理を行うのが主な仕事内容です。具体的には介護が必要な高齢者とその家族に対し、介護についての話し合いを行います。この話し合いでの内容を元に、相手方の希望に沿った最適な介護サービスを考えます。

高齢者に要介護認定が必要な場合は要介護認定書類の作成を代行します。要介護認定の書類提出はケアマネの資格が無くても可能ですが専門知識が必要な上に必要な書類も多いので、代行する機会は多くなります。またケアプランの作成も重要な仕事の1つです。ケアプランとは介護サービスの計画表のようなものです。介護サービスには訪問介護や施設でのデイサービスなど様々な形態があります。要介護者の状態や家族の希望を踏まえ、様々な介護サービスの中から何をどの程度利用するか最適なプランを練っていきます。ケアプランが決まったら高齢者と家族に見せて説明をし、同意が得られたらプランに沿って介護サービスの提供が始まります。

その後、ケアプランが決まり介護サービスの提供が始まった後でも、その家族との関係は途切れません。定期的に利用者を訪ね経過を観察します。介護サービスが適切に提供されているか、現在のサービスに満足しているかなどを調査し、場合によってはケアプランの変更も行います。高齢者とその家族との話し合い、定期的な経過観察、介護サービス事業者との話し合い、これらを記録として残すのもケアマネの仕事です。

ケアマネはお年寄りと介護サービスをつなぐ架け橋の役割。これから需要が高まっていく仕事に貢献したいと感じる方に、ぜひ検討してほしい仕事です。ケアマネをもっと知りたい方へ→《http://caremane-navi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です