ケアプランを作る上での多様な役割

介護プランを作成する役割を担う職種、ケアマネジャー。この専門資格を持つ方は日常的に介護を必要とする方の健康状態を見極め、適切なケアプランを作成することが主な仕事です。

ケアプランを作成するためには多岐にわたる専門知識が必要とされるので、各種の研修を受けて一定の実務経験を積む事が条件とされています。そのため、介護関連の有資格者や医療従事者、福祉関連の職場で働いている方がケアマネの専門資格を保有しているケースも多々見受けられます。

この専門資格を保有する方は介護が必要な高齢者に適切なサポートを提案しなければなりません。しかしながら、ケアを提供出来る範囲には限りがある為、医師や看護師に加え、理学療法士等の専門家の協力も不可欠な要素とされます。高齢者介護の現場ではそれぞれの専門家が個々の役割を果たす事が重要になり、ケアマネージャーは各専門家をコーディネートする事も重要な役割です。

介護サービスの利用者に専門的なケアが必要になった場合、公的な機関に介護プランの変更を要請し新たな介護認定を受けることが条件とされます。その為には、介護認定を受ける為の調査や申請業務も必要とされるでしょう。この専門資格を保有する場合は常時ケアを担当するヘルパーとは異なり、直接的な身体介護を提供する事が少なくなります。しかし、定期的に自宅を訪問して介護の状況を観察し、その状況を踏まえた上でプランを調節していく事も大切な仕事とされています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です